当事務所は、湯島に近い文京区本郷にございます。室町時代以前は湯島本郷といわれていたそうです。 近隣に少し足を延ばせば、湯島天神、神田明神、湯島聖堂、東大赤門、上野寛永寺、不忍池、旧岩崎邸庭園、ニコライ堂といった歴史・文化遺産があり、風情の感じられる地です。

ところで、弁護士の扱う業務は、主に争いごとを対象としています。弁護士という職業が単なるビジネスではなく、公共性が強く求められる所以です。 そのため、わたしたちは営利に走ることなく、正義・衡平の見地から事件をみつめなくてはなりません。 また、弁護士という職業に公共性が強く求められることとの関連において、弁護士は現場にも精通しなければなりません。

以上を肝に銘じて、少しでもみなさまのお役に立てれば幸いです。

弁護士 出口 裕規

ギリシア神話の女神、テミス。
剣と天秤を持つ正義の女神の姿は、司法・裁判の公正さを
表す象徴・シンボルとして、古来より裁判所や法律事務所
など、司法関係機関に飾る彫刻や塑像、絵画の題材として
扱われています。

彼女が手に持つ天秤は正邪を測る「正義」を剣は「力」を
象徴し、「剣なき秤は無力、秤なき剣は暴力」に過ぎず、
法はそれを執行する力と両輪の関係にあることを表してい
ます。

また、目隠しは彼女が前に立つ者の顔を見ないことを示し、
法は貧富や権力の有無に関わらず万人に等しく適用される
との「法の下の平等」の理念を表しています。